· 

まさかこうなるなんて想像もしなかった

 

  

 

「次の振り込みで返済できるし、ちょっとキャッシング?って言うんだっけ。してみよう」 

  

  

最初、確かそのような軽い気持ちでキャッシングを行った記憶がある。 

その月は普段の買い物に加え、旅行や、知人の突然の結婚などが重なってお金が入用になったのだ。 

  

前々から"申請すれば貰えるらしいお金"、キャッシングのことが気になっていて、試してみたかったという馬鹿な好奇心もあった。 

ここで既に間違っている。 

  

"申請すれば貰えるらしいお金"ではなく、 

"申請すれば(審査が通った人には)お金を貸してもらえる"なのだ。 

※KC(クレジットカード)からの場合、作成時にキャッシング枠を付帯しているかにもよる。なお後から付帯も可能。別記事にて詳しく書きます。 

  

非常に当然のことだが借りたものは返すのが当たり前だ。 

あえて言い切る。 

  

  

多くの人は「そりゃそうだろう」と思って「私は返すから大丈夫」だと言う。 

  

  

私はそうだった。 

どこか他人事のような感覚で、深く考えもしていないのに、妙な確信を持っていた。 

  

なんとなくネットサーフィンをしながら見る記事に"借金地獄"や"お金がない"などはなかっただろうか? 

そしてどこか他人事に「へえ、こんなことあるんだ」と思いながら、自分には起こりえない出来事を片手間に眺めて「大変だな」と思う。 

  

  

  

  

他人事は現実になった。 

  

  

  

  

私はフリーターで、短期バイトをつなぎつなぎ、ときに長期のバイトと短期のバイトをかけもちしながら生活している。 

そういう人によくあるのだ。 

短期バイトと短期バイトのつなぎ目に空きが出来て給料振り込み日が次の月になったり、思っていたよりも振込額が違う、という出来事が。 

  

その日は、カードの支払い確定日だった。 

※カードはネットのご利用明細に"ご請求金額"を出してくれている。そこにカード会社によって締め日は違うが請求額の仮確定額が書いてある。締め日を超えると仮確定額は確定額になって、今月はこの額を請求します、とお知らせしてくれるのだ。 

  

私は毎月出費する額は大抵同じ額でおさめるように気をつけていたので、 

請求額を見てかなり驚いた。 

3万円多かったのだ。 

  

月初に口座にあるお金を見て「カード払いのお金は足りるな」と安心していたのに、 

3万円の誤差。愕然として明細を確認し、そこでようやく気がつく。 

  

 

「そういえば3万円キャッシングしたんだった」 

  

 

完全に忘れていた。 

ここからは非常に焦った。 

  

お金がない。 

  

口座を何度確認しても増えるはずもなく、払わなければならない3万円は沸いてこない。 

しかも飲み会が重なって、既に、現金で支払わなければならない物事がいくつかあった。結局お金は足りない。 

  

  

どうすればいいんだろう。 

  

  

……そう思ったとき、ふっと脳裏をよぎったのは前回のキャッシング。 

ネットで必要額とリボ払いか一括かを選び電話番号ぐらいを入力して、申請ボタンを押すだけ。ただそれだけで希望額は口座に振り込まれた。 

あっという間で、とても簡単で、なによりお金が口座に入った。 

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

そして私は100万越えの負債を抱えた。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ------------------------------ 

  

振り返りたい大事なところ 

  

  ------------------------------ 

  

 

 

  

・キャッシングはとても簡単にできる 

・キャッシングはメリットデメリットがある 

・キャッシングは固定収入がない人にはあまりオススメしない 

・キャッシングをした日に忘れないよう携帯や付箋にでもメモをしておく 

・自分の収支を確認する 

・「私は大丈夫」と妙な確信が一番危ない 

・宵越しの金は持たない江戸っ子も最低でも月1万円ずつ貯金はしておくべき 

・お金を借りる方法はキャッシングだけじゃないことを知る 

・借金は簡単に膨れ上がる 

・当たり前だがタダでお金は沸いてこない。貸してもらえない。 

・利子というものが世の中には存在する 

・KCをお使いの方は請求額仮確定日には必ず金額を確認しお金の管理を 

・人によってはレシート管理でお金の管理をすることも有効 

  

 

↑こちらすべて記事として載せていきますので、 

またご一読いただければ幸いです。 

 

  

リクエストも受け付けていますので、優先してほしい記事がございましたら教えて下さい。 

  

 

 

 

 

 


続きはちょっと待ってね



 

 

ブクマや感想で応援してくれると嬉しいです!

記事リクエスト受け付けています。