アパレルショップってどんな仕事?実際に働いてみたよ(体験談)

 

【アパレルの仕事って。アパレルの仕事体験談、裏側】

私が実際に働いたときの情報を下記に載せています。

こんなもんかな?って目安にどうぞ。

 

 

 

基本情報

給与  時給900円~
雇用形態  アルバイト
その他  社割
仕事内容  
 レジ
 入荷
 品出し
 ストック整理
 接客(コーディネート提案や、返品クレーム対応)
 販売
 清掃

メリット

 

→流行を意識したり、人に見られることを意識したり、姿勢や表情に気をつけるので綺麗への近道

→痩せる

→自分の好きな服が安く手に入る

 

 

デメリット

 

→お店の広さの割りにスタッフ1人でまわすことはざらなので、早く仕事内容を覚えないと痛い目を見る。返品がきたときに失敗して平謝り……ふふふ。

→どんどん新しい商品が入ってくるのですぐに品だしできるように、要領よく、かつ商品を覚えていかないと質問に答えられない。

→人間関係がせっまい

 

 

実際に働いてみて?

 

女だらけの職場だと華やかだがその分、節々で暗い面倒な部分が見え隠れすしていたかな。

明るく流せていけるような人でいなければストレスが溜まるね、確実に。

 

大体店員って5人ぐらい。(正社員2人契約社員やパートアルバイト合計3人~。大体)

つまりだ。

 

 

グループが出来上がっているんですよ、奥さん←

 

 

早く打ち解けていけるようちょっと頑張ったほうがいいね。

 

 

 

基本私は「自分が好きと思う服着たらよくね?」って人なので、

「どんな服を着たらいいか分からない」とおっしゃるかたの多さに驚きました。

 

なのでトータルコーディネートや、その人に合った色やデザイン、その人が欲しい言葉、そして理想と現実の中間のご案内が出来るようになると私もお客様もハッピー☆になりました。

 

 

働くのなら何を基準に見るべき?

 

当たり前っちゃそうですが、好きなブランドで働いたほうがいいですよ。

お店にでるからにはそのブランドの服着てねはほぼ当たり前ですし、場合によっては「今お店で売ってるものを着て」ということも。

 

社割があるとはいえ出費が大きい!

こういうこともあって社割がある(大きい)ところで働いたほうがいいと思います。

 

 


 

あと出来れば近場で働くが吉。

なぜかというと開店準備に30分前ぐらいに着くのは当たり前だから。カワイイ数字を出したけど45分前が多かったですね……。

 

朝起きてご飯を食べてメイクして身支度を調える時間、

バスや電車の時刻表がかみあわなかったときの恐ろしさや車渋滞(セールのときや昼時って凄く混むから)を考えて早めに出勤する時間、

この2つも足しますと、

 

開店が9時からでも、

8時20分には出勤していますし、40分前+メイクなど身支度と食事の時間+移動時間前にはもう起きなければなりません。

 

そう考えますと本当、近いほうがいいですぜ・・・?

私の場合は7時起床時点でもう仕事モードになる必要があったのでしんどかったです☆9時~17時なのにね!まあどの仕事でもそうですか!

 

 

働いてみるんだがアドバイスある?

 

とにかく商品とその場所を覚えましょう

仕事時間は勿論、少しだけプライベートの時間も使って勉強したら、結果自分が楽になります。

接客のときに使えるし、そうすると自信がつきます。

同僚の人に教えてもらにしても前準備が出来ているから分かりますし、疑問を持つことが出来て質問もできますね。

 

あっという間に1ヶ月3ヶ月過ぎて新人じゃいられなくなりますので、商品についての知識を詰め込みたいところ。

そして詰め込むまでのあいだ笑顔を維持できるようにすることと、ストレス解消法を身につけておくことは大事

 

え?ストレス解消法が必要な理由って?

はい、この漫画に一部載せています(爆笑)

 


【バイトとは違う販売職社員です】

──突然ですが、仕事を辞めたい。



 

接客や販売が出来るようになりたいとなったらロールプレイングが有効です。

特に言葉が出ないとか、話すのが苦手、うまく勧められないって人に。

試してみれば言葉が出てくるようになります。もっとしてみれば、その人に言いたい言葉がちゃんと出てきます。そしたらあなたの自信になります。

 

まあなんでもそうですが練習を積むことですよね!

 

お客様のいらっしゃらない場所で商品畳みながら手に持ってる商品のいいところを3つ考えたり、どうアピールするか考えたり、先輩の接客聞きながら自分ならどうするか考えたり――そしてブツブツ車の運転中とか部屋で練習。お客様がいらっしゃる場では考えてる時でも笑顔。

 

そうすりゃ仕事に関してはなんとかなりましたよ!

職場の人間関係は私壊滅的でしたけどねっ!笑www

 

 

 

参考までにざっくり並べてみたのでよければご覧下さい。

・商品のいいところを考える ・先輩方にまねぶ ・むっすりならないように注意
・目線 ・言葉遣い(相手によって合わせたほうがいいことも ・自信をもって提案
・コーディネート提案
その商品を持っている服とどう合わせるか
(いつ、どこで、誰と、どのような、どんな服と
イメージを持ってもらう
・悩んでる人にはがっつり決められるように買いの決め手、
おすすめの一押しが必要な時もある
・比較情報の提供(わかりやすさ
・ファーストアプローチ ・共感言葉(盛り上げ  

 

 

 少しでも情報が役に立てば嬉しいです。

 

 

アパレルのことを学びたいと思った人は気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」 で勉強もありかも。

  

アパレルの求人を探しているあなたは、

 

アパレル派遣ならアパレル・ファッション業界に特化したアパレル派遣なび

地元のお仕事探しなら・タウンワーク♪

はたらいく