· 

在宅ワークならではかものお話。お金

 

家で働く在宅ワーク。


ライターとなってブログ記事を書く、HP作成、ロゴやイラスト作成など内容は多岐にわたります。
そんな在宅ワークは取引相手と顔を合わさずネット上だけで契約から給料振り込みまで行われる。
だからこそ起こりうる、あるある?

 

 

 

 

 

 

 

 


経験してきた在宅ワークの多くが、取引先や斡旋会社と一度も顔を見せることなくお仕事という形でした。
現在させていただいているお仕事もそう。

Skypeでのやりとりをするところもあるようですが、私はまだしたことがないです。


どうなんでしょうね~
(個人的に部屋の状態や自分の顔の状態を気にしなきゃいけないので、ないほうがハッピーと思うのだけど・・・

 

 

さて、話を戻します。

 

 

在宅ワークは相手方と顔を合わせることがない(少なくとも私は)のなら、連絡はどうしているのか。
それはこれ、ら。

メール、チャット、グーグルスプレッドで連絡をとっています。

 

 


 

■メール

 

Gmail

yahoo!メール

 


フリーアドレスがないかたは絶対に作った方が良い。
直接業者のかたと契約されるならまだしも、クラウドワークスやなどを介して仕事を請けるさいは携帯アドレスなんざ登録しようものなら頻繁なメールに私用のメールが埋まります。
区別するためにネット用のアドレスは作っておいたほうがいいかと。
(ちなみに何かの購読に使っているアドレスと兼用しない方がいいです。メールの整理に時間を食います)

 

■チャット

 

 

chatwork

 

 


 

新しい物を始めるとき、当然、どう使えばいいか悩むものですが、

こちらは画面も操作も見やすいので必要最低限の機能はすぐに使えるようになります。

 

 


 

■Googleスプレッド

 

Googleスプレッドシート

 

 


 

仕事の受注もこちらを介して行うことが多くなっています。

 

エクセル使える人は親近感わくつくり。

表作成やデータ入力など多くのことが可能で、複数の人でデータ作成も可能。

要Gmaillアカウント。

 

 



 


意外と連絡手段はあったのですが、やっぱり顔を見ずに仕事やお金のやりとりって、不安ですよね(゜_゜;)


もしかしたら必死こいてやった仕事にお金が振り込まれないかも・・・
そもそも相手がばっくれるかも・・・
これって大丈夫・・・?


心配なんて探したらいっぱいあります。
幸い?にも私は、とりあえず問題が起きてから考えればいいしまずやってみよう精神なので、心配ありつつも在宅ワークを始めたのです。
(顔を合わせずとも連絡はとれるんだし別にイイか・・・) なんて思って。
そしてこんなトラブルが――

 


振り込み料金の額が違う!

 


個人的にとっても恐ろしい事態に!ヒューッ!
契約時にかわした内容と違い、振り込まれるはずの料金がどう見ても足りなかったんです(多いことはまずない)。

 

始めたてなら慣れない作業に時間がかかります。〆切前にとはりきって頑張って作った作品をようやく納品して肩の荷を下ろせたあとにこれって結構キツイ。

とりあえず契約時の内容と再度比較して問い合わせるのですが、返事が数日に跨ぐことも。


会社なら上司にお伺いをたててすぐ解決することが、ネット上のやりとりだと時間がかかるんですね。


在宅ワークの怖いところはこれです(´Д`;)

こういうトラブルがあったとき、とれる対応は相手方が提示している連絡手段のみ。そう考えると連絡手段が多いところのほうが安心かも。

 

 

 

後書き

 


ちなみに今回出した例の場合ですと、
担当者の振り込み間違いが多いですので冷静に問い合わせましょうね~

 

 

 

 

得意を生かして好きな時間に副業できる【ココナラ】

 

 

 

カラーミーショップなら、

販売手数料0円。
月額900円(税込)からネットショップ運営ができます!

 


 

読んでくださってありがとうございます!

よければランキング応援お願いします><